Season&CARE Blog

アロマセラピー リフレクソロジー ロミロミの シーズン&ケア セラピストの個人ブログです。

神様 仏様

8月はお盆がありますので、霊的なことにも意識が向きやすい時期ですね。

ちょっぴり自分の経験をふまえた神仏のお話を書きたいと思います。特定の宗教などには属しておりませんので、ご安心くださいませ。私が神仏への信仰に心を向かわせることになった大きなきっかけは母が亡くなったころからです。
深い悲しみと無力感の中、家を、自分の人生を、なんとか立て直さねばと奮起する中、サロンを開業するにあたり、まずは神様への道に自然と導かれたことからです。そして、ここ最近は仏様の道をようやく理解しようとする気持ちが芽生えたとたんに、お不動様を含め様々なご縁をいただき、本当にありがたく思っている毎日です。無理なく心を自然に向かわせていると、様々な現象がじわじわ来ます。車で遠出をするときや山などに出かける際にはお守りいただくことをお願いすると、体調も気持ちも崩さずに済むことができることを先日も実感してきました!

3年前、念願の熊野に足を運んだ時、那智山にある青岸渡寺の役小角像の前で
「まだまだじゃのう・・・」という声をうけとったことがあります。ようやくその言葉の意味が今になってわかりかけてきました。
ほんと、あのときはかなりまだまだだったのです。

ところで・・・
お仕事を通じてある方のお宅を訪問したときのこと。
新しいおうちに引っ越したので神棚をしっかりお祀りしたんですよ~と、リビングに案内されたときのこと。
新しいので見た目にも綺麗なのはもちろんですが、神棚とその周辺がとても神々しくまぶしく見えて、
伺ってすぐに「うぁ~神様がちゃんといらっしゃいますね~。綺麗~!いいお家ですね!」と言わせていただきました。
神棚はきちんと神社でご祈祷をされたそうで、お家に神様をおむかえするということは、本当に素晴らしいし、すがすがしいものだとあらためて実感するというか、気付かせていただく機会でした。
仏壇はあっても、神棚がないお宅も今の時代は多いようですが、やはり、それぞれにきちんと心をこめてお祀りすることを私はおすすめいたします。神様と仏様とは明らかに道が違うからです。

こうした神仏の世界にかかわるのは確かに面倒なこともあるかもしれませんが、その面倒なことに丁寧に向き合うというか、少しでも気にすることができると、より神仏のご加護を実感できる機会が増えるような気がします。有難き見えない世界が徐々に見えてくるのです。

さて、わたくしごとですが・・・

うちにももちろん神棚があります。その神棚を設置するときに神社に行って神様をお呼びしたかどうかはわからずですが、今は私が家族の中では神棚担当みたいな形で管理をしております。もちろん、毎朝手を合わせているのですが、今年に入ってごくごく最近、神棚にお越しいただいている神様のお姿を感じることができたのです!
「どちらからお越しいただけたのですか?」と尋ねましたら、地元の神社の名前をおっしゃってくださいました。
氏神様としてお祀りしている神社です。そこを経由して我が家に来てくださってます。
私が自然と神棚担当になって10年以上がたちますが、そのお姿を感じさせていただけたのは今回が初めてでした。本当にうれしかったです。こういうことが、神様を信じてお参りしたり、お祀りし続けてきた結果なのだと思いました。何があってもこうした地道な毎日を何年、何十年と続けていくことが大切なのかもしれません。それは、とても大きな力となります。

役小角様からのお言葉に対しても「いったい何がまだまだなのか?」と思ってきましたが、
「ええ、確かにまだまだですし、でしたね。」と、ようやく返答することができるようになった気がいたしますので、
那智山は出かけて行って再び向き合いたい場所です。

昨夜はこちらの動画を拝見させていただいていたら、ふわ~っと癒しの涙がこぼれました。
調和の大切さ・・・


いつか訪れたいと思います。足を運んでこそわからせていただくことがやはり多いような気がいたします。
また、今はわからなくても、いつかわかるときは来るものなので、何事も焦らずですね。

この1年、私は識子さんのブログと本に出会い、本当に助けられました。
何度もブログに書いていますが、私自身の視野を広げられるきっかけを与えてくださっています。

「私は見えないし、わからないから・・・」と多くの方がおっしゃいますが、見えないと思っているだけなのです。
気持ちを少しでも細やかにしてゆこうと思えば、ちゃんと感じ取れるようになってゆきますよ。

霊能者の方のこうした「きめ細やかな視点と思いやり」こそが霊能なのだということを、多くの方に知っていただけたらと思っています。簡単にyou tubeなどでも情報を見られることを発見し、とても癒されました。(^^)
参考)  https://youtu.be/raX0R7j34DM

よい8月をお過ごしくださいませ!
スポンサーサイト

お不動様の真言

すっかり1か月UPがご無沙汰になってしまいました。時間がなくてまたあとで続きを書きます。

8月には作品展が鹿沼であるので、板画にも向かわなければならず・・・忙しい毎日となっております。
今年は2月の立春に春日大社に行きました。今作っている作品のための取材でもありました。
春日大社に祀られている神様に祝詞を司る言霊の神様がいらっしゃいます。

アメノコヤネノミコト様です。
春日大社の参拝を機に大祓の祝詞を唱える機会が増えました。
神道だけでなく、不思議と仏様の道にもつながって、
ここ最近は近所のお寺に不動様の真言をいただきにいったりもしました。
今年は言霊の霊力でお守りいただけることの実践をさせていただく年なのだな~と思っております。

お不動様の真言は、まずは、近所のお寺さんに足を運びましたが、
先日、たまに訪れる塩谷の佐貫観音にふと出かけてみたら(昨年の秋以来です)!
shingon1.jpg

洞窟のお堂わきに真言を発見! おお~。タイムリ~♪
shingon2.jpg
前はなかったと思うのですが・・・または、目に入ってなったのかもしれません・・・
今回はじめて真言を唱えながら、ごあいさつができたことでなんだかうれしくなりました。
これまた実践の機会。

お不動様の真言をいただこうと思ったのにはいろいろ訳があり、

桜井識子さんの本やブログも、参考にさせていただいてます。
さくら識日記 http://ameblo.jp/holypurewhite/ 

識子さん、この場をかりても心より御礼申し上げます。
ちょうど今、そのお不動様の真言について記事をUPしてくださってますので、
ぜひ興味のある方は識子さんのブログ、見に行ってみてくださいね。

では、本日は時間がないのでつづきはまたあとで(^^)(笑)
佐貫観音の石仏です。お顔を探してみてくださいね。(画像を大きくしてみてね)
sanukikannon.jpg

鶏頂山

少し前(冬のころ)、日光市の川治温泉にある鶏頂山神社へお参りをしたことがありました。

ということでご縁をいただき、このたび鶏頂山へ登拝をしてきました。
いつも見ている山々ですが、登る機会はなかなかないものです。

子供のころは高いところに行かずとも下界(里)にいてもこういう青い空を見ていた気がするのですが・・・
20170611keichozan-1.jpg
大鳥居のある 元スキー場跡地から出発して山頂を目指しました。(赤い点が通過地点です)片道およそ2時間のコース。
神域となる弁天沼のちょと先(山頂方面)にある霊泉御助水もいただいてきました!
歯が健康になります様に。

霊山 鶏頂山についてはこちらを大きくしてどうぞご覧ください。
20170611keichozan-3.jpg

道中はほとんど写真は撮ってませんでしたので、今回は山頂のみのご紹介です。
山の空気が澄んでいるからなのか、霊山のパワーなのか・・・この日は山の景色や空が色濃く見えました。
20170611keichozan-5.jpg
山頂付近は狭く急な登りが続きますが、楽しめて上ることができました。
山は苦手意識があります・・・ので、今回は登山前から祈る方法(神頼みをしっかり使いました)を試みていたのが良かったかもしれません。
20170611keichozan.jpg
山頂にはしっかりとした神社があって、出迎えてくれます。20170611keichozan-2.jpg


南側には高原山の釈迦ヶ岳が見えます。20170611keichozan-4.jpg
画像には映ってませんが、向かって左手には那須の山々、そして右手(西側)には日光の山々が見えます。

梅雨の時期ですが、光のパワーが大きい時期でもありますね。
酉年のよい記念になりました。
20170611keichozan-7.jpg
伊勢や高千穂の方向にむけて神社は建てられています。
ちなみに、この日の夕方は高原山方面は金色に輝いていました。

猿田彦大神のご神徳をいただき、皆様にもよい導きがあることを願います。

日本神紀行 神社巡り 2011年~

カウンセリングの現場で、「神社へ足を運んでご祈願する」という提案をさせていただくことが度々あります。
私たちは自力だけではなんともできないこともたくさんあるからです。だからお願いするのです。
神仏のお力添えというのは、お願いしないと動いていただけないんですよ。知らない方が多いようです。
生かしていただいてるという気持ちになれれば、何もかもがありがたく思えますし、楽になれます。
また、ほかの人やこと、ものに依存したりしなくて済みます。神様の前に立ち、心を清め・鎮めていただければ、おのずと解答が見えてきます。そのために足を運ぶのです。

わざわざ遠くの神社に足を運ぶのもまた意味あることではありますが、まずは毎日お世話になっている身近な氏神様にお話しされることをおすすめいたします。神棚があれば、どうぞ大切に毎日手を合わせてみてください。

ところで、私が本格的に神社めぐりに出かけ始めたのは2011年のことでした。

先日 宇都宮の二荒山神社に久しぶりに参拝をしました。長年近くに住んで仕事をしてきたはずなのに当時はまったくお参りもできなかったこと、神様に向き合えなかったこと、でも、それにも意味があったことなど、気付きをいただきました。今ようやくとても素直な気持ちで参拝できたことに感謝です。

さて、さて、そうそう、
2011年からはじめた神社旅。

先日、白山に行った後、朱印帳を通じてふと、これまでを振りかえってみたくなったので今ここで書いてみたいと思います。参拝させていただいた神社すべての御朱印を頂戴しているわけではないですが、私の朱印帳は、まもなく3冊目が終わろうとしています。どこで次へ切り替わるかが、今とても楽しみだったりします。

ちなみに、今の御朱印帳は、かなり!気に入っていて熊野本宮大社のものを使用しています。 
参考)現物はこちらをご参照ください➡  http://www.hongutaisha.jp/amulet/  かっこいいでしょ!

はじめて買った御朱印帳は東京のとある文具店の和紙の表紙のもの。

なんと! 

伊勢神宮(外宮)の神職の方が「表紙にお名前もいれましょうね~」と言ってくださって、
「朱印帳 聡子」と書いてくださいました。はじめての朱印帳だったのでとても嬉しかったです。

2冊目は熊本と高千穂(宮崎)に足を運んだ時にちょうど切り替わったので高千穂神社のものを使用。
そして3冊目は2度目の熊野旅で切り替わったので熊野本宮大社のものとなっています。

ざっと、これまでの記録です。走馬灯のように(?!)旅した記憶やそれぞれの神社の空気感を鮮明に思い出すことができます。
1冊目
2011年(平成23年)
6月21日 熱田神宮
6月22日 二見興玉神社
       外宮(伊勢神宮)
       内宮(伊勢神宮)
8月4日  瀧尾神社(日光)
       日光二荒山神社(下野国一之宮)
9月10日 日光二荒山神社(中宮祠) 
      日光二荒山神社(奥の宮) 男体山登拝
2012年(平成24年)
8月27日 出雲大社
      日御碕神社
8月28日 須佐大宮(出雲国)
      熊野大社(出雲国一之宮)
      神魂神社
      八重垣神社
8月29日 厳島神社
2013年(平成25年)
4月13日 氷川神社(武蔵一之宮)
6月13日 東京大神宮
       明治神宮
7月7日  足利織姫神社
11月11日 阿蘇神社(肥後一之宮)
11月13日 天岩戸神社(日向高千穂)
       高千穂神社(日向高千穂)

2冊目
2014年(平成26年)
1月21日 古峯神社
8月2日 外宮(伊勢神宮)
      内宮(伊勢神宮)
      猿田彦神社
8月3日 熊野本宮
8月4日 熊野那智大社(日本第一霊験所)
      熊野速玉大社
      神倉神社(熊野三神元宮)
10月26日 日枝神社(皇城之鎮)東京
       神田神社
       東京水天宮
2015年(平成27年)
3月14日 銭洗弁財天(鎌倉)
      鶴岡八幡宮
      江の島 弁財天(江の島神社)
5月9日 戸隠神社 宝光社(式年大祭)
      戸隠神社 中社(式年大祭)
      戸隠神社 奥社(式年大祭)
6月6日 熊野速玉大社
      神倉神社(熊野三神元宮)
6月7日 熊野本宮

3冊目
6月8日 橿原神宮(参拝日は8日でしたが、御朱印の日付は9日となっています)
      大神神社(大和国一之宮)
      石上神宮
10月13日 靖国神社
10月31日 諏訪大社 下社秋宮(信濃国一之宮)
       諏訪大社 下社春宮(信濃国一之宮)
       諏訪大社 上社本宮(信濃国一之宮)
       諏訪大社 上社前宮(信濃国一之宮)
11月1日 戸隠神社 中社
12月30日 香取神宮(下総国一之宮)
       息栖神社(東国三社)
       鹿島神宮(常陸国一之宮)
2016年(平成28年)
5月28日 秩父神社(知知夫国総鎮守)
       三峯神社
2017年(平成29年)
2月2日 夫婦大国社(春日大国社)
2月3日 春日大社
5月3日 大田原神社
      恵比寿神 大田原神社(おおたわら七福神)
5月5日 白山比咩神社(加賀国一之宮)
      金劔宮
5月6日 気多大社(能登国一之宮)


こうしてあらためてふりかえってみると、やはり単なる偶然ではない、様々なご縁が見えてくるようです。

そして、この記事を書いていたら・・・白山比咩のところで、
              
 は、 歯がーーーーーー!!!

歯の詰め物が急にパックリ!とれました!
先月、やっと虫歯の治療を終えたばかりなのに・・・
もぉ~~~~~~歯医者嫌いなので・・・

こうした歯のハプニングは、
スピリチュアル的には、どうやら大きな変わり目の時のようですが、


はて?!現実はいかに?!・・・

日本神紀行 北陸 石川・能登・富山 編 白山から羽咋~白馬へ 富山山王さん

日本神紀行 北陸 石川・能登・富山 編の最終日です。

スッキリと晴れ渡った3日目は富山市駅前からスタート。
路面電車に乗りたいので市内散策に出かけてみました。
富山城址公園をまわった後で見つけたのが富山山王さんと呼ばれる「日枝神社。」
日枝神社は比叡山が絡んでいたとは・・・ひえぇ~。最澄さんもつながりそうです・・・

御祭神は
大山咋神 [おおやまくいのかみ]   大己貴神[おおなむちのかみ]

相殿神に
天照皇大御神[あまてらすおおみかみ]  豊受大御神[とようけのおおみかみ] をお祀りしていて、

なんか・・・

迷いをなくしてくれそうな すっきり感 というか、

どっしり感 というか、

定まる!感というか・・・そんな感じ(笑)

街中にある神社ですが、広々としていてよかったです。5月には多くの人出でにぎわう山王まつりがあります。
20170507toyama1.jpg
拝殿中央には「鏡」があるのですが、ピカピカ!鏡の前に立てば、自分の姿がはっきりと映り込むほどでした。

狛犬さんもスカッと元気な感じ。
20170507toyama3.jpg

20170507toyamma4.jpg

拝殿のわきには三末社があって、水天宮もお祀りされています。ですので、近くには安産犬がいて、これまたピカピカでとってもかわいいワンコ親子でした!思わず撫でたくなる可愛さです。
20170507toyama2.jpg

さて、このあとは道の駅 ウェーヴパークなめりかわと 海の駅 蜃気楼などを経由して糸魚川を目指しました。
20170507toyama5.jpg
8号線からの海の景色、よかったです!!!

糸魚川は国産 翡翠(ひすい)を求めて行ってみました。天然石好きにはたまりません!
とりあえず駅前の観光協会本部も入っている「翡翠王国館」へ。ここでは翡翠の購入は見送りましたが、翡翠を求め、帰りは長野を抜けるルートにして明星山のある 「小滝川 翡翠峡 」へもいってみることにしました。

昨年の秋のことですが、翡翠(国産)の勾玉を購入した(プレゼント用)ところ、よいチャンスに恵まれました。
国産翡翠はお値段がするので、本当に小さなものでしたが、効果抜群!という結果に。
効果があったというより、チャンスが到来しているころに欲しくなるのかもしれませんが・・・
天然石は本当に心から欲していると、引きよってきます。ほしい物が不思議と見つかります。
そして、身に着けることで天然石のもつパワーがよい(時には厳しいこともありますが・・)後押しをしてくれたりもします。
宝石や石を身に着ける意味には、単なる美しさをこえた奥深いものがあるのをここ数年、特に実感しています。
国産翡翠も「その時」が来たら、あらためて自分も手に入れたいと思いました。

今回は川沿いの公園にあった原石に抱き着き十分パワーチャージをしてきました。(笑)

小滝川翡翠峡は、こんなところです。
http://www.geo-itoigawa.com/igp/about/24geosite/geosite9/

ここからは白馬村を通過して長野ICを目指しました。
この日を振り返ってみると、ふだんは見られない海の景色と山の景色を存分に楽しめるドライブルートでした。

旅の最後の景色は 白馬の山々。夕日が落ちる時間帯に少しだけ車を止めて眺めてみました。
この画像では残念ながら見ることができませんが、山と雲の間あたりに彩雲が出ていたんですよ。
20170507hakuba.jpg

彩雲が出ると本当にとてもいいことがあるので、この旅の最後に見ることができてなんだかとてもうれしくなりました。
20170507hakuba1.jpg
刻々と雲の形が変化して、ドラゴンの姿の雲も出ていました。
20170507hakuba2.jpg
目の前に新緑の山 その向こうに雪山が見られる光景は、この時期ならではの美しい風景。

白山にはじまり、気多大社のある能登は羽咋市(はくい し)ですし、白馬に終わるそんな「白」(はく)がキーワードの旅となりました。帰りのドライブルートはギリギリまで決めていませんでしたので、振り返ると、白山に行く前に「白い馬」が何度も頭をかすめていたこともまたあらためて面白いな~と思ってしまいます。

山の神様でいくつか気になっている神社や神様がいらっしゃいます。

次の神社旅は・・・ひょっとして・・・?
また新たな楽しみが増えてきそうです。

今回はここまで。ご縁をいただいた神々と大地と、楽しく安全に旅を終えることができたことに感謝いたします。
そして、興味をもってブログをお読みいただいた皆様にも感謝いたします。いつもありがとうございます。

PS
あとから調べてわかったのですが、翡翠は5月の誕生石だそうですね。
そんな5月に産地にも足を運べてよかったです~。